感染対策と共に熱中症対策を


 

地域によって緊急事態宣言が解除されているところや、ワクチンの接種 人数も増えてきましたが、依然としてマスクの着用が必要になっています。

 

夏になると一般的に呼吸器に影響を及ぼす感染症の流行は少なくなります。高温多湿の環境で感染力の弱まるウイルスが多くありますが、新型コロナウイルスは熱帯地域での感染も確認されており、今年の夏もマスクの着用やソーシャルディスタンスの感染対策が引き続き必要になります。

 

マスクは飛沫拡散の予防に有効ですが、高温や多湿の場所でのマスク着用は熱中症のリスクが高くなる可能性があります。

マスクの着用は大切な感染症対策ですが、屋外で人と十分なソーシャルディスタンスが確保できる場面では、マスクを一時的に外すことが熱中症から体を守るための大切な要素です。

 

またマスクをしていると口の渇きがあまり感じられないことから、予防に重要な水分補給を忘れてしまい熱中症を起こす可能性を高めてしまいます。こまめに少しずつ水分補給し、水の温度は気温が38℃以上の高熱時を除き、冷たすぎないものが良いです。

しかしのどや口の渇きは熱中症の基準ではなく、のどが渇いたら水を飲むだけで予防はできません。のどが渇かなくても、水分補給をすることが必要です。

 

下記のポイントを心がけ、熱中症を防ぎましょう

・屋外で、人と十分な社会的距離(2m以上)が確保できる場合はマスクを外す

・マスクをしながらの激しい運動や強い負荷のかかる作業は避ける

・のどが渇いていなくても定期的に、こまめな水分補給を心がける

 

マスクをつけていない屋内でも熱中症になってしまうリスクがあります。室内では部屋を涼しい状態で保ち、暑い日に無理をして人の多いところに行くのは控えることをおすすめします。

 

人と距離が取れる場所でもマスクを外すのは不安という方に、持ち歩き可能なオゾン発生器のオゾバリアはいかがでしょうか。

オゾバリアが発生させる低濃度オゾンはウイルス・菌を不活化させる効果があり、新型コロナウイルスにも有効だと第三者機関の検査で証明されています。

オゾバリアを使用することで周囲のウイルスを不活化させ、屋外でも安心して過ごすことができます。

https://kart-anshin.com/collections/antiviral/products/ozobarriermobile

※屋外で稼働される場合は、モバイルバッテリーなどの使用が必要です。

 

これからの季節は新型コロナウイルスだけでなく、熱中症にも気を付けて対策をしましょう。

 

 

商品についてのご相談・ご要望などありましたらお気軽にお問い合わせください。

https://kart-anshin.com